フラクショナルレーザー治療

フラクショナルレーザー美容

アーカイブ

美容分野におけるフラクショナルレーザーの利用例

フラクショナルレーザーは主に美容面で利用されています。
副作用もありますが、多くの人はこの手法の登場によってメリットを享受しています。
では具体的に、美容分野におけるフラクショナルレーザーの利用例は、どのようなものがあるのでしょうか。

治療する

医療レーザーは、医療器具です。そのため医療レーザーを使った行為は、医療行為です。
病院やクリニックでしかレーザー機器を管理することはできず、医師にしか扱うことが許されていません。
いわゆる脱毛サロンやエステで実施されている光を応用した施術とは異なります。
一部混用しているケースもありますが、原則的にフラクショナルレーザーの使用目的は、何らかの病気や症状を「治療する」ことです。
では具体的に、美容分野における、治療を目的とした利用例には何があるのでしょうか。
例えばニキビの治療ができます。
また赤ら顔と呼ばれる諸症状を治療することができます。
さらに一般的な皮膚の病気なら、基本的に治療することが可能です。

痕を消す

フラクショナルレーザーは、過去の病気や症状を消すことができます。
例えばニキビ痕です。
ニキビを潰してしまうと痕が残ってしまいがちです。
しかしこれを綺麗にすることが可能です。
またしみやあざ、さらに何らかの傷痕も、時間をかければ目立たなくできます。

解消する

rgge
美容面で注目されているのはアンチエイジングです。いわゆる老化予防もしくは若返りです。
中でも重要なのはしわやたるみの対策でしょう。
フラクショナルレーザーを使えば、しわやたるみを解消することができます。
また年齢と共に目立ってくる毛穴の開きも解消可能です。

医師と相談しましょう

美容は、直接的に生活への影響がありません。
そのためほとんどの施術に対して健康保険が使えません。
それでも心理的な影響があるなら、積極的に改善すべきでしょう。
自分の緊急度もありますが、フラクショナルレーザーは何に利用できるのか。
自分の症状は改善されるのか。
一度医師と相談してみることをお奨めします。
一度フラクショナルレーザーのメリットを知ると、様々な面で試してみたくなります。
もちろんデメリットもありますが、一見万能のようにも感じられます。
ならば実際にフラクショナルレーザーを適用できない事例はあるのでしょうか。

妊娠中や授乳中

美容クリニックの患者さんは、その多くが女性です。ならば女性特有のケースを考えてみましょう。
例えば妊娠中でもフラクショナルレーザーは使えるのでしょうか。
つまり妊娠すると肌荒れやニキビが目立ってくるので、これを解消したい場合があるからです。
原理的には胎児への影響がないと報告されています。
ただしレーザー照射による体調の変化が心配です。
そういう意味では、妊娠中の施術は控えた方が無難です。
授乳中についても同じことです。
直接母乳に影響を与える事例は知られていません。
しかし離乳してからでも、フラクショナルレーザーがあれば、手遅れになることはないでしょう。
ちなみに生理中でも施術できますが、痛みや腫れが強くなる可能性は否めないようです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の場合は、赤ら顔になってしまいます。
これをフラクショナルレーザーで解消できるでしょうか。
現在もアトピー性皮膚炎が進行している状態であれば、悪化する可能性があります。施術を控えるべきでしょう。
もちろん完治することはありませんが、既に痕になっていれば、状況によって対応可能なようです。
まずはお医者さんと相談してみましょう。

日焼け

フラクショナルレーザーは、他のレーザーと同様に、光の性質を有しています。つまり黒に反応します。
すると目的以外の箇所にレーザーが集まってしまう可能性があります。
そのため日焼けが落ち着くまでは、施術を控えてもらうケースがほとんどです。
逆にレーザー治療を受けた後は、皮膚の炎症を防ぐために1カ月程度日焼けを避けましょう。

持病を治しましょう

糖尿病やアレルギーなどの持病がある人も、フラクショナルレーザーを受けられないケースが多いようです。
つまりダメージを負った皮膚の回復が遅れたり悪化するパターンがあるためです。
そのため優先順位を考えて、まずは持病を治しましょう。

更新情報