フラクショナルレーザー治療

フラクショナルレーザー美容

アーカイブ

フラクショナルレーザーでのトラブル事例

多くの人は、実際に医療機関へ行く前に、ネットで調べるようです。
とはいえネットの情報は必ずしも正しいわけではありません。
クリニックのウェブサイトであっても、都合の良いことしか示さないケースも稀ではないでしょう。
例えばフラクショナルレーザーにトラブル事例はないのでしょうか。
変に恐れてはいけないでしょうが、間違った噂に惑わされることなく正しい知識があれば、不安もなくなります。

■痛みがある
フラクショナルレーザーによる施術では少なからず痛みが伴います。
そのため麻酔を使う場合もあります。
中には痛みに耐え切れず中途半端で終わるケースもあるようです。
事前のカウンセリングでも指摘されるでしょうが、納得し、覚悟の上で挑みましょう。
どんな病気であっても、中途半端な治療ほど怖いものはありません。
これがトラブルになる最たる原因でもあります。

■赤ら顔になる
赤ら顔の治療にフラクショナルレーザーが使われます。
しかし体質や体調によって腫れてしまったり赤ら顔になるケースもあります。
場合によっては赤ら顔が悪化することもあるようです。
もちろん技量の低い医師がやってしまう事例もあります。
一方で患者さんのアフターケアはどうでしょうか?
レーザー照射後は、お肌が傷んでいます。
保湿を含めた十分なスキンケアをしないと、トラブルの源です。

■効果がない
良くも悪くも効果がまったく見られないこともあります。
術後一時的には良くなった?しかし数日すると元に戻ることもあるでしょう。
体質的な問題もありますが、フラクショナルレーザーによる治療と同時に、生活習慣も改めましょう。
同じ生活をしていれば、同じ結果になるのは、火を見るよりも明らかです。

■自分に原因はないか
トラブルが生じても、医療ミスと決め付けてはいけません。
自分に原因はないか?まずは自問してみましょう。
もちろんセカンドオピニオンを利用することも有用です。
100%成功する治療法はありえません。
美容的治療の場合には、大胆かつ繊細に!あくまでも自己責任です。